本文へスキップ

東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 植物生態学研究室

研究内容research

研究内容

店内イメージ

自ら動くことのできない植物は、様々な生理機能を利用して多様な環境に適応しています。我々の研究室では、植物生産の根幹をなす光合成系,呼吸系,通水性などの解析を通して、分子から個体、生態系に至る様々なレベルにおける植物の環境応答・適応の統合的な解明を目指しています。研究材料は、シロイヌナズナなどのモデル植物、イネなどの主要作物、野外に生育する木本植物、酵母など、研究内容によって様々です。我々の研究は、植物の示す生態学的現象を解明するのみならず、来るべき高CO2・温暖化環境下の作物の生産性向上、森林環境保全にも貢献するものです。


研究課題

店内イメージ 1. 葉,草本,樹木の最適光合成系の構築・維持機構
2. 光合成機能の解明とその能力強化
3. 光合成系と呼吸系の相互作用
4. 植物の水分生理学
5. 環境ストレス応答・耐性の分子機構

お知らせ

店内イメージ

共同研究を積極的に進めています。
ご相談・お問い合わせある方はお気軽にいつでもご連絡ください
また、植物生理生態学に興味のある大学院生を募集しております。研究内容に興味がある方や研究室訪問したい方は、いつでもご連絡ください。


〒113-0033
東京都 文京区 本郷7-3-1
東京大学 大学院理学系研究科
生物科学専攻 植物生態学研究室
TEL&FAX 03-5841-4465