東京大学 理学部 生物学科
人類学を学びたい人へ
本文へジャンプ
      

 
人類学へ 進学するには

 A系カリキュラム

 
卒業後の進路

 在学生の声

 卒業生より 一言

 研究室


 お問い合わせ

【 どのようなことを生物学科(人類学)では学ぶのか 】

≪ 生物学科への進学が内定した2年生 ≫
駒場4学期で生物学科共通講義・実習を受講します。特に3年生で人類学を主として学ぶカリキュラム(A系カリキュラム)を選択しようと考えている人は,人類生物学と骨格人類学実習を受講するようにしてください。

≪ 3年夏学期 ≫
A系カリキュラムの学生は,人体の構造について学ぶため,医学部で開講される講義・実習を受講します。特に医学部の学生に混ざって人体解剖実習に参加することは,A系カリキュラムの特徴のひとつです。
また,生物学科固有の科目(霊長類学,形態人類学実習)が開講されます。

A系カリキュラムでは,研究室の中だけでなく,フィールドワークを組み合わせた幅広い教育を重視しています。夏休み等を利用した,のべ2週間にわたる人類学野外実習では,霊長類行動観察・試料採取,遺跡発掘などを体験します。

≪ 3年冬学期 ≫
人類学の各分野についてさらに学んでいきます(年代学,集団生物学T,人類遺伝学,人類遺伝学実習,先史学実習,人類生物学実習)。また,医学部で開講される人体組織学実習,人体生化学実習を履修します。生物学科に共通の科目としては,科学英語演習があります。

≪ 4年生 ≫
A系・B系のカリキュラムの区別はなくなり,生物学科のすべての学生が大学院生物科学専攻に所属する研究室に配属され,各研究室で実習を行います。専攻内の人類学以外の研究室への配属を希望することもできます(逆に,B系へ進んでも人類科学大講座の研究室への配属を希望することもできます)。また,これと並行して,人類学に固有の講義(人類生体機構学,古人類学T,集団生物学U)が開講されます。

これらに加えて,生理人類学,生体人類学,文化人類学,人類学特別講義が集中講義の形式で開講されます。また,人類学および隣接領域の研究に関するセミナー(談話会)が毎週開かれており,3・4年生はこれを聴講することにより人類学演習の単位を取得できます。

   ※詳しい全体のカリキュラム(授業内容)につきましては以下のPDFをご覧下さい。 
    全体カリキュラム・pdf