教員紹介

photo

准教授/狩野泰則(かのうやすのり)

研究室HPmail


海洋生態系動態部門 底生生物分野
大気海洋研究所


研究内容

系海洋・陸水の底生生物群集において主要な位置を占める貝類(軟体動物)について、標本の収集・分析と生体観察に基づいた自然史研究を行っています。現在の主な研究課題は以下の通りです。1)アマオブネ上目の河川性巻貝は、幼生期に海へ出て分散する両側回遊型の生活環をもち、インド太平洋域で極めて大きな生物量と高い種多様性を示します。熱帯島嶼における河川動物相の成立と維持機構の解明にむけ、これら巻貝の分布、遺伝的・形態的多様性、系統および進化、行動生態、初期発生と分散について多角的な研究を進めています。2)深海化学合成群集の進化について理解を深めるために、熱水・冷湧水・沈木などの深海環境、干潟など浅海の還元環境から貝類を採集し、系統解析により環境間の移動の歴史を推定しています。3)海底の洞窟や深海に生息する「生きた化石」貝類を材料に、比較解剖・分子系統解析・化石記録の調査から形態進化の遅滞について検討しています。

主要な業績

Kano, Y. and Fukumori, H. (2010) Predation on hardest molluscan eggs by confamilial snails (Neritidae) and its potential significance in egg-laying site selection. J. Moll. Std. 76.
Kano, Y. (2009) Hitchhiking behaviour in the obligatory upstream migration of amphidromous snails. Biol. Lett. 5: 465?468.
Kano, Y. and Kase, T. (2008). Diversity and distributions of the submarine-cave Neritiliidae in the Indo-Pacific (Gastropoda: Neritimorpha). Org. Divers. Evol. 8: 22?43.
Kano, Y. (2008) Vetigastropod phylogeny and a new concept of Seguenzioidea: independent evolution of copulatory organs in the deep-sea habitats. Zool. Scr. 37: 1?21.
Kano, Y. (2006) Usefulness of the opercular nucleus for inferring early development in neritimorph gastropods. J. Morph. 267: 1120?1136.

ページTOPへ
リンク公募の案内お問い合わせサイトマップ講義資料 専攻内専用ページ 各種届出用紙(大学院学生用学部学生用
All Rights Reserved, Copyright (c)2003-2012
Department of Biological Science, Graduate School of Science,The University of Tokyo